本文へスキップ

これからの有望資格、介護事務の資格をとりませんか?

診療報酬請求事務能力認定試験/ケアクラーク

介護事務 資格取得

介護事務通信講座

診療報酬請求事務能力認定試験

介護事務通信講座

■資格内容

診療報酬明細書の作成が中心 
診療カルテを元にしたレセプト(診療報酬の明細書)の作成は、あらゆる医療分野に必須の事務作業である。そのために医療保険等による制度、介護保健の制度など必要な専門知識をもつことと、迅速・正確な処理能力が要求される。国民の医療費は平成20年に34.8兆円に達し、過去最高となり、国民所得の約1割に当たる。医療費の抑制のため、病院により、領収書のほか、レセプトを公開し、患者のコスト意識を高めている。


■試験内容

学科試験と実技試験を受ける 
試験に合格して認定を受けるには、計算力などの基礎事務能力はもちろんのこと、カルテやレセプトについての基本的な知識や診療報酬点数表などの専門知識、医学・薬学や関係法令の基礎知識が必要とされる。
 
試験時間は3時間で、診療報酬点数表の持ち込みは自由。
 第1回〜33回の受験状況を見ると、性別では女性277,874人、男性25,797人と女性優位。年齢別では16〜20歳35.3%、21〜25歳22.2%、26〜30歳17.8%、31〜35歳10.6%の順になっていて、25歳以下が約6割を占める。


■試験情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: 医科または歯科のいずれかを選択。
学科試験=医療保険制度等・公費負担医療制度の概要、保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識、診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識、医療用語及び医学・薬学の基礎知識、医療関係法規の基礎知識、介護保険制度の概要
実技試験=診療報酬請求事務の実技
申込期間: 5月上旬〜6月上旬、10月上旬〜11月上旬
試験日: 7月、12月
試験地: 札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、高松、福岡、熊本、那覇
受験料: 7,500円
受験者: 医科=10,316人、歯科=148人(平成22年12月)
合格率: 医科=26.8%、歯科=37.8 %(平成22年12月)


■問い合わせ先
財団法人 日本医療保険事務協会
住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田2-5-3 児谷ビル
TEL:03-3252-3811






ユーキャンの介護事務講座


受験資格不要!暗記も不要!ずっと役立つスキルを短期間で。

初心者でもわずか4か月でやさしく身につきます!

介護事務は超高齢社会の中でニーズの高まる専門技能。介護に興味のある方はもちろん、年齢に左右されず働きたい方、ライフスタイルに合わせて働きたい方にもおすすめです。

ユーキャンなら、短期間で実力が養成できるオリジナルカリキュラム!やさしく効率的に技能が身につき、4ヵ月後には即戦力に!

資料請求は無料なので安心して資料請求しましょう

資料請求はこちら